親がうるさいのです。いい加減に諦めて欲しいのですが、見合い話をまたしても持ってきました。仕事の時間が不規則なことを理由にして、ノラリクラリと逃げたのですが、早く結婚しなさいと言ってきます。私が若い時には、散々私の人生の足を引っ張っておいて、随分と身勝手なものです。早く死んで欲しいものです。あなたが私に早く結婚しろ、というのと同じくらい、私はあなたに早く死んで欲しいのです。言っても理解出来ないでしょうから、黙っていましたが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする